米ぬかはどこで売っている?誰でも手に入る場所6選

米ぬかはどこで手に入るか知っていますか?ぬか漬けなど普段から使う機会がないとなかなかピンときませんよね。

今回の記事では米ぬかを購入する方法と、無料で手に入れる方法、そして自分で作ってしまう方法をご紹介していきます。

また、それにあわせて入手の際に気をつけたいことも書いていきたいと思います。

購入する場合

1.スーパーで購入する

スーパーであれば、漬物材料を扱う売り場か、野菜コーナーの一角に米ぬかが置いてあります。

ぬか床用の米ぬかには塩や唐辛子、昆布などが入っているので漬物以外の用途にはおすすめできません。

また「いりぬか」という炒っただけの米ぬかが売られている場合もありますが、賞味期限が1年ほどあるのでぬか漬けに使用するのを前提に作られた商品のようです。

たけのこのシーズンには生の米ぬかが少量袋詰されて売られていることがありますね。

生の米ぬかは劣化が早いので、スーパーで取り扱われるのは、このシーズンのみと言ってもいいかもしれません。

鮮度の良い米ぬかを見つけることは難しいかもしれませんが、気軽にぬか漬け用の米ぬかを手に入れるにはスーパーがおすすめです。

2.お米屋さんで購入する

お米屋さんで直接購入する方法もあります。

玄米から精米してくれるお米屋さんがほとんどだと思いますので、もちろん米ぬかがあります。

近所のお米屋さんで聞いてみたところ1kg30円で販売しているとのことでした。

お客さんから要望があった際に、精米機に溜まった米ぬかを下から順に取っていくとのことだったので鮮度については少し不安かもしれません。

米ぬかは油分を多く含み、酸化するスピードが早いため、食用にする場合は精米後なるべく早く炒り、酸化のスピードを遅らせる必要があります。

お店によっては精米後の新鮮な米ぬかを販売してくれるところもあるかもしれませんので、ぜひ尋ねてみてくださいね。

しかし1kg30円で購入できるのは魅力的です。

3.ネットで購入する

Amazonや楽天、Yahooショッピングなどのショッピングサイトで取扱があります。

「米ぬか 食べる」などのキーワードで検索すると生の米ぬかだけでなく、すでに炒ってある「いりぬか」や食べることに特化した米ぬかを見つけることができます。

農薬の使用の有無、化学肥料の有無なども比較することができ、お米の品種など米ぬかの出どころも知ることができるのも魅力のひとつです。

また、生の米ぬかにこだわる場合には精米日を表示してくれるサイトが安心ですよ。

米ぬか完全栄養食通販ブランドJUN米では食べることに焦点をあてた米ぬかを販売しています。

米ぬかパウダーだけでなく、米ぬか薬膳カレーシリーズなど生活への取り入れやすさも考えた商品を多数取り揃えていますのでぜひチェックしてみてくださいね。

米ぬか通販・商品一覧

ネットでの購入は種類が多く、気軽に注文できることから幅広い方におすすめできる方法です。

4.フリマアプリで購入する

メルカリなどフリマアプリで米ぬかを販売しているケースもあります。

発送前日や当日に精米した、鮮度にこだわった米ぬかを出品されているアカウントがいくつかありました。

中にはお米屋さんが運営しているアカウントもありましたよ。

お掃除用や、土壌改良用に出品されている場合もありますので、出品情報をよく読み使いたい用途と一致している出品者から購入するのがよいでしょう。

無料で手に入れる場合

5.コイン精米機で無料で手に入れる

スーパーやホームセンターの駐車場や、道の途中にあるコイン精米機。

コイン精米機の横には米ぬかをためておく部屋があり、そこにたまっている米ぬかは自由に持ち帰ることができます。

ですが誰でも立ち入れるので衛生面がやや気になります。

また、いつ頃の精米で出た米ぬかなのかもわかりません。

そのような理由でコイン精米の米ぬかは食用には適しておらず、掃除や肥料、土壌改良などに使用するのがよいでしょう。

自分で作る場合

6.自分で精米して米ぬかを作る

なかなか新鮮な米ぬかを手に入れるのは難しいですね。そんなときはご自分で精米してみるのはいかがでしょうか?

家庭用精米機が10,000円〜20,000円ほどで販売されています。

炊飯1回分の量をその都度精米することができ、おいしいごはんと新鮮な米ぬかを手に入れることができます。

1回にできる米ぬかは多くはないので、少量ずつ生活に取り入れたい方向きです。

安全性や衛生面がたしかなのは魅力的ですが、手間もかかります。

自宅で精米しておいしいごはんを食べたい、好みで分づき米をつきたいという方におすすめの方法です。

まとめ

今回は米ぬかを手に入れるための6つの方法をご紹介しました。

1.スーパーで購入する

2.お米屋さんで購入する

3.ネットで購入する

4.フリマアプリで購入する

5.コイン精米機で無料で手に入れる

6.自分で精米して米ぬかを作る

入手方法が意外と多かったですが、用途を見極めて欲しい状態の米ぬかを手に入れることが重要だと感じました。

食用に使いたい・鮮度を重視したい場合はネットで購入するのが良いでしょう。精米機がある場合はご家庭で作るのもいいですね。

お掃除や肥料に使うことが目的であれば、コイン精米機やお米屋さんで格安で手に入れるのがおすすめです。

目的にあわせて米ぬかを活用してみてくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

上部へスクロール